読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

築30年借り(仮)住まいの日常

30代後半、3児の母、夫外国人。2016年秋から築30年の戸建てに暮らすことになりました。

お久しぶりです

4月5月の慌ただしさですっかりご無沙汰してました。

毎日の3人の保育園の準備と送り迎え、仕事、家事で毎日くたくた夜9時には睡眠の日々でした。ぶへ〜。

 

夏には義兄家族がシンガポールから来るので、ミャンマー語and英語の日々が10日程続きます。私は初めて義兄の奥さんとこどもに会うから楽しみだな〜。

 

春って

春ってなんだか緊張する。今更なにか新しいこと始まるわけじゃないのに、学生時代の先生は誰になるかな?新しい友だち出来るかな?な~んていうドキドキがこの季節によみがえってくる。3月の別れ、そして4月新しい出会いへの期待がそう感じさせるのかな。

そうはいっても私も4月は仕事復帰。そして3番目の子の入園。また新しい生活が始まるな。

そうそう4月はミャンマーのお正月。4月17日は日本でいう元旦。そしてその日は夫の誕生日。向こうの家族は当時「神童」が産まれた!と大騒ぎだったとか(笑)。本人も、きっと未だにそう思ってるな・・。

いろんなことが始まる4月。私も気合入れて仕事、英語がんばるぞ。あっ、子育てもね。

私のことではありません

毎日ちょこっとずつ英語を勉強しているので、英語のサイト「アルク」のHPのお世話になっているんだけど、今日変な例文を見つけてしまった。

「歩き」を検索したら、

歩きながら屁をする人

crop-dusting〈俗〉(人混みの中で)〔通例、無音の放屁で、歩きながらする理由は、誰がおならをしたのか分からないようにするため、あるいは、おならを分散させて濃度を薄めるため。〕
 

だって(^^)

「あるある~♪」とはなかなか言いづらいけれど、こういうことあるよね(小声)
「歩きながらおならをする人」として単語があるんだとびっくり!!(私ではないよ・・)

 

 

ひとやすみひとやすみ

夫はほとんど毎日、休憩を兼ねてコーヒーを飲みに行く。仕事中は、スタッフと一緒に隣のビルの喫茶で150円のコーヒーを飲みながら彼らとミーティングを兼ねての一服。休みの日は、子どもたちを連れてみんなで駅前のコーヒーショップへ。4歳、2歳の子どもたちの口癖は、「こぉひいのみにいこう」

これはミャンマー人の習性。ミャンマーに行ったとき、コーヒーショップはどこも満席だった。どんな時間帯に行っても常ににぎわっている。学生、仕事中の人、近所のおじいさん、おばあさん、家族連れ。そこで飲むのはラぺイエと呼ばれる濃いめの紅茶にコンデンスミルクをたっぷり入れた甘~い飲み物。日本人にはちょっと甘いかも。そこではみんな揚げたおやつなんかをつまみながらゆったりおしゃべりする。それがあちらの文化みたい。

私も最近は保育園の帰りに3人を連れてスーパーへ買い物に行き、その帰りに店内に併設されたオサレなカフェに行くことが楽しみ。まあ、ゆっくりはできないけどね・・。

やることいっぱい

4月から8か月の子を保育園へ入れて仕事復帰予定。園では離乳食を出してくれるけど、作って持っていこうかと思ったり。でも、続くかちょっと心配。今だって朝ばたばただから。最近は仕事と家事、やることいっぱいで、私の容量オーバー。今日は外は暖かいらしいけど、一歩も外へ出られないほど忙しい。ぶへ~。

二人のお迎えついでにコーヒーでも飲みに行こうかな。休憩しないと頭がパンク寸前だわわ。

ミャンマー回想④

f:id:kankaung:20150302172813j:plain両替をしに行った銀行にて。写真の無造作におかれた紙の束。お金です(⌒-⌒; )

おやつにかき餅

f:id:kankaung:20150302171352j:plain年末に祖父の家で大量についた餅。焼きもち、お雑煮などたくさん食べて残りは冷凍しておいたんだけど、普通に食べるのにも飽きてきたので、乾かして、かき餅にして、子どものおやつに。醤油味。うまうまだな〜。2人共、おかわりあるぅ?と。夕飯たべられるかなあ…。